2015-11-20

横谷奈歩 高橋家公開 2015



















プレスリリース

アーティスト・横谷奈歩は2013年より「高橋家にまつわる物語」として高橋家におけるリサーチをメインに創作活動を展開してきました。家の持つ記憶を読み解きながら、現在にも脈々と引き継がれている家族の物語を新たな視点で紡ぎだしていきます。創作活動はこれからも展開していきますが、これまでのリサーチの成果と高橋家の空間に触れていただく機会となります。
光明寺會舘にも関連展示がありますので、できれば光明寺會館の展示を先にご覧いただくことをお勧めいたします。(展示は11月8日〜12月6日公開、火・水休み)
*高橋家とは、尾道・長江エリアにある高橋家の邸宅。昭和25年頃より高橋武氏とご家族が約40年間居住した。武氏次男にあたる玄洋氏は、20歳頃まで高橋家に居住した。

【作家略歴】横谷奈歩(よこやなほ)1975年東京生まれ 。東京芸術大学大学院美術研究科後期博士課程油画専攻修了。2009年からヨーロッパ滞在。ポンペイの遺跡群調査、製本技術を学ぶ。2012年、プロジェクト「アートとサイエンスのあいだ」のため、2013年3月まで、イタリア/ナポリにて滞在制作。帰国後、東京を拠点に、個人の制作発表と「アートとサイエンスのあいだ」の制作を並行して活動。2014年もブルキナファソおよびイタリアでリサーチを展開。

【観覧料】  無料
【日 時】 11月28日[土] 11:00〜16:00 
        29日[日] 11:00〜16:00
      12月5日[土] 11:00〜16:00
        6日[日] 11:00〜16:00
【主 催】  横谷奈歩 AIR Onomichi実行委員会
【助 成】  平成27年度文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業、
       公益財団法人 福武財団 AAF 朝日新聞文化財団
お問い合わせ先
光明寺會舘  広島県尾道市東土堂町2-1   
Tel / Fax 050-1537-5353
Mail aironomichi@ybb.ne.jp(亀井)
*AIR Onomichi 2007年より隔年で開催しているアーティスト・イン・レジデンス。国内外より美術家を招聘し、尾道の斜面地にある空き家・廃墟などを舞台に活動を展開している。


− − − − − − − − − −  

¬Press-release
Open House (Takahashi Family)

Naho Yokoya

Artist Naho Yokoya started her project, "A Story about Takahashi Family" in 2013 and since then has conducted intense research into the historical background and stories connected to Takahashi House.  She has attempted to rediscover and reconnect the fragmented memories and narratives of the family history through uncovering artifacts of everyday life left at Takahashi House. Her emotionally engaging examination of these artifacts including letters and notebooks is an ongoing work.  In "Open Takahashi House", Yokoya will exhibit a selection artifacts and invites you to set foot in the house and narrative experiences of the family.  This event is concurrent with a related exhibition at Komyojikaikan. We recommend visiting Komyoji-kaikan prior to "Open Takahashi House". (The exhibition at Komyoji-kaikan opens Thursday – Monday, between 14th Nov to 6th Dec)

Takahashi House 
Genyo Takahashi (a famous TV screenplay writer now living in Saitama) grew up and lived there until 19?? when he turned twenty years old.  Genyo’s father was the owner of the house and the family lived there for 40 years. It had been empty for 30 years and was badly ruined when Yokoya first visited there.

Naho Yokoya (b. 1975, Tokyo) completed her Ph.D. in Fine Art at Tokyo National Art University. Subsequently she stayed in London and Pompeii between 2009-2011. Her activities included research on the ruins of Pompeii and learning bookbinding. Between 2012-13, she lived and worked in Naples for her ongoing, collaborative project "Between Art and Science" She also visited Burkina Faso and Italy in 2014 for the same project.  She currently lives and works in Tokyo.

Free admission
[Time & Date]
SATURDAY 28 NOVEMBER 11:00-16:00
SUNDAY 29 NOVEMBER 11:00-16:00
SATURDAY 5 DECEMBER 11:00-16:00
SUNDAY 6 DECEMBER 11:00-16:00

Organized by: Naho Yokoya, AIR Onomichi Committee
Grants from: the Agency for Cultural Affairs、Fukutake Foundation, The Asahi Shimbun Foundation, Asahi Art Festival 2015 

For further information, please contact Komyoji-kaikan on  +81 (0)50-1537-5353 or Email: aironomichi@ybb.ne.jp  (Natsuko Kamei)
Komyoji-kaikan: 2-1 Higashitsuchido-cho, Onomichi-shi, Hiroshima, Japan.
(http://aironomichi.blogspot.jp/)



0 件のコメント: